三勇建設株式会社

導入までの流れ

工場や店舗・事務所を稼働したままの工事が可能ですので、
工期に関わらず業務に支障をきたすようなことはございません。

工期について
100~200㎡:2~3日/500㎡:5日/1000㎡:10日
1要望確認
お客様のご要望と、下記項目に関しての情報を弊社へ
お知らせください。

○施工場所の住所  ○現在の用途(工場・倉庫・事務所等々)
○施工数量     ○建築確認申請書の有無

2施工計画・予算書
お客様先に訪問し、再度ご要望をお伺いした上で、
概ねの施工計画、予算書をご提示致します。

○施工計画(施工範囲・施工方法・工程)
○その他工事の確認(電気工事、設備工事、弱電工事等)
○予算書作成

3事前協議
必要に応じて行政との事前協議を行います。

例)建築指導課:建築確認申請(大規模修繕)等
   ※建築基準法の第2条第14号、15号

例)税務署:経費処理
   ※雨漏れの場合:スレートカバー工法が、修繕するに当たって、
   最も安価なものと認められた場合=経費

4施工条件及び見積書の確認
❷、❸に基いた施工条件及び見積書の最終確認を致します。

○施工範囲の確認   ○契約(支払条件等)の確認
○施工方法の確認   ○見積書の確認
○工程の確認

5発注・着工・竣工
お客様よりご発注を頂きました上で、材料・施工者の手配を行います。

施工の流れ(屋根の場合)
1.屋根への昇降設備の設置
2.既設スレート屋根上に転落防止ネットを布設
3.既設フックボルトにサドルの取付
4.鋼製下地(母屋)の取付
5.カバー屋根取付
6.役物廻りの納め
7.仮設材の撤去